工学系のエンジニアなので、仮想通貨には非常に興味があります

若い世代の投資

経験豊富な投資家よりも若い人たちの投資家情報が今のトレンド!しっかりキャッチアップしてスキルアップするぞ!?

仮想通貨はエンジニアとして見ても興味深い

10数年、色々なタイプの物を試してきました。株式、投資信託、外貨預金、ネット銀行預金等です。株式も短期で値上がりを目指すやり方、株主優待の良い企業を狙うやり方等です。値上がりしそうな銘柄はテレビの株情報や株に関する雑誌、ネットに出ているアナリスト情報を参考にしてきました。時代の流れと共に購入する銘柄を確定させるやり方を変えてきましたが、今は、資産の余剰金を使って長期運用で優良企業の配当金狙いのやり方に落ち着いています。良い企業の例として、良くインターネット記事にもあるイオンが優良です。

損をした株式はありますが、インターネット系で売買手数料が安く、短期で儲けることを考えなければ、それほど難しいものではありません。重要なことは、一社に集中投資せずに分散させておくことが重要です。損をした場合は、年度末の確定申告で利益分と損失分で相殺させることで、利益を出した取引の税金を少しは返却してもらえるケースもあります。

FXはハイリスクハイリターンで、博打みたいな取引です。FXを始めるなら、レバレッジを1倍で少額から始めるのが良いです。その代わり、10万円程度から開始して全て損失になっても、受講代金と考えられる程度から試してみるのが良いです。下手に欲を出して、短期間で儲けを出そうとレバレッジを100倍にすると、アッという間に資金が無くなってしまうケースがあります。主婦の方が旦那さんに内緒でやって、数千万の赤字を出したという例もあります。

自分の試した経験例ですが、初心者状態で10万円投資をし、レバレッジ1倍で半年に100円程度の利益だったので止めました。止めた理由は、利益の割には監視して頻繁に取引をやっていたので、取引作業の割には利益が上がらなかったためです。

仮想通貨はセキュリティの甘さに問題があるので、まだ、様子見状態です。段々と問題点が分かってきて、改善されてきていることは事実です。しかし、他の資産運用とは異なり仮想通貨の仕組みを簡単に理解し、ホットウオレット&コールドウオレットの違い、マルチシグ採用か否か、ステーブルコインに属する仮想通貨であるか否か等を知っておかないと手が出せないと感じています。

 

インターネット検索すれば、色々な記事を書かれている方がおられるので、読んでみると参考になります。一つの記事だけでなく、複数の記事を参考にして、自分なりに解釈・分析してみることが必要です。「仮想通貨3.0」という書籍(マルク・カルプレス著、講談社、1500円(税別))を読んでみると、一時の不正流出問題等は落ち着きつつあることが分かります。

仮想通貨で使っている暗号方式は優秀なものであると思っていますが、それを取り巻いて運用しているシステムの管理上に問題があるというのが、今の処の見解だと感じています。工学系のエンジニアなので、仮想通貨には非常に興味があります。

iDeCo、つみたてNISA等に興味を持っています。折角利益を出しても、手数料や税金を差し引かれると、その分、純利益は下がってしまいます。その理由から、興味を持って取り組んでいることが一つの理由です。また、全ての商品に当てはまるかどうかは分かりませんが、iDeCoには金利換算すると、他の手段に比べて、高いものが多いのではないかと今の処、分析しています。こういった手段(iDeCo、積立NISA)は、長期に考えて、運用しないと利益が出ない、あるいは利益が出た実感がわかないと言われています。最低でも2、3年、長いともう少し、長期に見ていく必要があります。

長期運用だからと言って、長期間放置しておけば良いかというとそういう意味ではありません。1年単位程度で見直しを行ない、iDeCoの中の資産運用商品を探りながら、状況を見ておくことは必要でしょう。昔はまだ、今ほど低金利ではなかったので、投資信託にも手を出して休止しましたが、今は低金利が酷いので少額程度で分散して、投資信託を再開しました。投資信託は数年様子を見ながら、どうするべきかを検討しようと考えています。